倭庵黒石店主のブログ

上段へ

記事一覧

手紙

おはようございます。 今日の伊勢は曇り空 寒いです-!

 

娘の受験が11日にあります。

先日、本人から神宮にお参りに行きたいということで、それならば是非とも5時前に行って上野さんとご一緒させていただき、祝詞をあげてもらおうとお世話になったのです。

 

その数日後に、”娘さんがお参りに来られて感動しました”というお手紙を頂戴しました。

 

そして、明憲皇太后さまの御歌を教えていただきました。

 

磨かずば玉も光も何かせむ 学びの道もかくこそありけり

 

磨かずば玉の光はいでざらむ 人の心もかくこそあるらし

 

大意  宝玉も鏡も磨かなければ何の値もでてきません。  学業の道も同じで自分を磨く努力が大切。

大意  人は努力を惜しまずに日々自己を磨き、鍛えることによって、苦しさ辛さに打ち勝つ立派な人に成長し、正しい道を歩む事が出来る。

 

他にも色んな真心のこもったお言葉をかけていただいて、感動してしまいました。

 

嬉しくて 嬉しくて。

 

最近はメール社会です。  確かに便利ですが、その副作用は多大なものと思われます

 

字が書けなくなるし、益々下手になる。

 

漢字が思い出せなくなって、どんどん忘れてしまう。

 

そして何より自筆でないと、その人の真心が伝わらないように思います。

 

例えば、年の一度の年賀状。 住所・メッセージ・写真などすべてが印刷では寂しい限りです。

でもその年賀状さえも数年後には、なくなってしまうかもしれません。

 

便利さの追求が、人と人とのつながりを壊す原因となってしまった。

 

恐ろしいほどに言葉も使わなくなってしまい、心と心で会話が出来なくなってきた。  

 

会話すると、逆に間違ってとらえられてしまわないかと怖いし。。。。 

 

どう表現して上手く言葉で伝えたらいいか?

 

どんな言葉を使うのかも、とっさには思いつけない。

 

中学一年生殺害事件や、親殺し、子供殺し、テロなど、おぞましい事件の数々は、便利さを追求した近代化と現代社会による貧困という世界問題の副産物と考える。

 

 専門家がテレビで討論したって無駄じゃないか!

 

古き良き日本人の原点<真心の大切さを知る>に立ち戻らないといけないように思います。

 

会話をするということが一番大切かと考えます。

運動と同じで体を動かさないと、どんどんできなくなる。 

会話も同じで、人と話さなくなると言う事は何よりも危険を招く状態となります。 <孤立>

 

話しがそれましたけど、手紙ってほんと素晴らしいなと思いました。

 

日本中で手紙ブームがおきたらなぁ・・・・  少しは良い方向に向かうだろう^^

 

では、今日も実りある一日となりますように!