ページトップ

記事一覧

満員御礼

常若曜日の月曜日。今週も新たな気持ちで始めます! 9月の連休第一弾も無事に大盛況に終えることが出来ました。感謝致します^^ ファイル 2171-1.jpg 団体様で脱皮伊勢海老のコースを食べに来ていただきました。人生で初めて食べた感想はいかがでしたでしょうか。高価なものですから、値段に見合う価値があるかないか賛否両論はあるでしょうが、通常ではこのは伊勢の食材は食べれないものでありますのでその希少価値は分かってもらいたいところです。国内外ミシュランの三ツ星店でも食べれません。 ファイル 2171-2.jpg 脱皮寸前で体力がなくなり自力で脱げなくなる時があります。脱皮をすることはまさに命がけです。 ファイル 2171-3.jpg 脱皮をして、ほかの伊勢海老に共食いされました。狙われないように逃げまくらないと駄目なんですよ。脱皮をした後も過酷な生活で大変です。 ファイル 2171-4.jpg 私のお宝紹介! 中学、高校とバンドをしてました。主にボーカルでギターは飾りくらい・・・(笑) ハードロックのコピーをしてました。後は甲斐バンドにビートルズとかもやりました。芸能界も目指していたのですがメンバーの受験事情で解散となりました。初めて数千円のギャラをもらった時の嬉しさは今でも忘れません。俺たちプロじゃんみたいな (笑) 懐かしいです。 ファイル 2171-5.jpg ビーズの松本さんのサインです。押入れに眠っていたギターが超レアなギターに変身しました。我が家の家宝として大切にします。 松本さんはほんと心静かな、優しい方でした。 改めまして、ありがとうございました。 今日も実り多き一日となりますように・・・

満員御礼

新しく9月が始まり、そして今日は週初めの月曜日、また心新たにフレッシュな気持ちになって生き生きと行きましょう! これが常若の精神です。 さて、昨夜は大失態(笑)わざわざ姫路市からお店に来てくれたのに、お顔を覚えてなくて・・・・ 最低でした。ほんとにすみません 言い訳なんですが、ほんとにお客様を覚えられなくて・・・自分では軽い認知症だと思っているんです。お許しくださいねえ^^ ファイル 2165-1.jpg 次回は、何かご馳走しますね。また会える日を楽しみにしています。遠い所へほんとにありがとうございました。 ファイル 2165-2.jpg 大阪からの新婚様です。彼氏彼女のような新鮮感が素敵でしたよ^^ ベイビーの誕生も楽しみにしていますね。 ありがとー 今日も実り多き一日となりますように・・・・

ナオ帰る

11連勤もあと残すところ2日となりました。体調も良いのでこのままラストまで頑張ります! さて、NZから帰国していたナオが今朝に帰りました。寂しくなりますが来年も来られるそうなので楽しみにしておりましょう。久しぶりの来日なのにほとんどお手伝いをしてくれててみんなを助けてくれました。ほんとにありがとう。感謝、感謝です。 ファイル 2159-1.jpg 今度はシアトルからリク君が遊びに来てくれましたよ。英語が話せるようになりたいなー かっこよすぎです^^ 今日の伊勢は快晴です。 実り多き1日となりますように!

満員御礼

ファイル 2158-1.jpg 今日も無事に終わりました。 ありがとうございます^^

祈り

知人から連絡がありまして、ハワイ島の聖地マナウケア山に新たな天文台の建設計画があるそうです。聖地を荒らすこと、自然を壊してはいけないとの理由で中止でさせないといけないとのこと。現地でも大きな問題となってい ます。本日午後一時より中止のための世界的な祈りがあります。ご賛同いただける方は、この時間にそれぞれの場所で中止のためのお祈りをお願いしたいと思います。ご理解の程どうぞよろしくお願いいたします。 ファイル 2156-1.jpg 本格的なお盆がスタートしました。今年は多くのスタッフさんに恵まれて、万全の体制で挑めます。予約、料理、座席と色々と新しいやり方でやりますので、ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、今後将来のためのや最善の方法、体制を模索していくところでもありますので、どうかご理解くださいますように宜しくお願いします。 今日も実り多き一日となりますように…・・・

命名 常若伊勢海老

看板を新しく作りました。 常若伊勢海老デビューとなります。脱皮伊勢海老を作り始めて早10数年がたちましたが、僕独自のブランド化を確立するために、当店で取り扱う脱皮をした伊勢海老の事を”常若伊勢海老”と名付けました。 2021年には三重とこわか国体が開催されます。 常若とは伊勢神宮のHPにも”常若の精神”として出てきますし、朔日参りという習慣もあります。また赤福さんの朔日餅。平成から令和への元号の変更など、私たちの生活の中で身近に存在しています。 常若の意味は”常に若くある様” いつも新しい気持ちであるです。 伝統(古きを重んじる日本人の心)と常若(未来に向けて心を新しく保つ)の2本柱こそ日本が栄えてきた日本人の精神であると考えます。 1300年以上続き、神宮の社を20年に一度建て替えられる式年遷宮。これこそが常若の象徴ですね。 イセエビも一年に一度以上脱皮をして成長します。不思議ですが表面だけが新しくなるのではなくて、内臓も含めて全てが新しく生まれ変わるのです。いわゆる構造的には不老不死ということになります。 そういう意味合いで常若伊勢海老と命名しました。 人はこの常若伊勢海老を食するをことで、肉体的には栄養として吸収して、魂には天地のエネルギーを受け取り元気になり、生まれ変わったような新しい気持ちにリセットをしていただければと願います。 私の人生は常若伊勢海老と共にです。 今後ともどうぞよろしくお願い致します。  ファイル 2153-1.jpg ファイル 2153-2.jpg ファイル 2153-3.jpg 多くの人で賑わっておりました。 みんな心を新たにリセットしに来るんですよね。 ファイル 2153-4.jpg すし久さんで朔日お粥! 今月は穴子のお粥でした。美味しかった^^ 今日も常若の気持で、実りある一日としましょう!

山形④

ファイル 2152-1.jpg 山寺きたー ファイル 2152-2.jpg ファイル 2152-3.jpg ファイル 2152-4.jpg 蔵王きたー ファイル 2152-5.jpg こちらの温泉は最高でした^^ ファイル 2152-6.jpg 温泉の歴史って古いのですねー ファイル 2152-7.jpg 御釜 ファイル 2152-8.jpg 刈田嶺神社 奥宮 ファイル 2152-9.jpg ファイル 2152-10.jpg 頂上は霧がなんとも神々しかったなあ

山形③

ファイル 2151-1.jpg 湯田川温泉 つかさや旅館さんにお世話になりました。若女将さんと記念写真! ファイル 2151-2.jpg 隣ある温泉がさらに良かった。源泉の上にあるので泉質が濃いのです。 ファイル 2151-3.jpg ファイル 2151-4.jpg ゆずさめ神社  氏神様または温泉の守り神として大昔から祀られてるそうです。 ファイル 2151-5.jpg 神々しい素晴らしい神社でした。 ファイル 2151-6.jpg 御神木 乳イチョウ ファイル 2151-7.jpg 木からエネルギーを頂戴したよー^^ ファイル 2151-8.jpg 鶴岡の名物 メロン最高! ファイル 2151-9.jpg 鶴岡の海岸

出羽三山神社

出羽三山とは、東北随一のパワースポット。月山・羽黒山・湯殿山の総称で修験道による山岳信仰の聖地であります。神社までの道のりが凄かった! ファイル 2150-1.jpg 祓えの滝 神秘的! ファイル 2150-2.jpg ファイル 2150-3.jpg 心臓やぶりの坂です。これも修行であり、一段上がるごとに禊され、神徳を得られるそうです。 ファイル 2150-4.jpg 国宝五重の塔 ファイル 2150-5.jpg 途中に昔ながらの茶店があり休憩。絶景だし、お店の方の人柄も良くて疲れを吹き飛ばしてくれます。2446段の階段を登り、羽黒山参拝記念の賞状を頂きました。 ファイル 2150-6.jpg 御餅も最高に美味しく体も癒されます。なんと杵つきというからさらに感動しました。 ファイル 2150-7.jpg 冬季でも三山をお参りできるようにと合祭され作られました。 ファイル 2150-8.jpg 歌房さんが奉納された絵です。奉納はできてもこうして展示されることは普通ないそうです。 凄いです^^ ファイル 2150-9.jpg 鶴岡市にある自宅のアトリエにお招きいただきました。 海外ではマレーシアやシンガポールのギャラリーで販売されており、一枚300万円が相場だそうです。凄い!

山形出張①

バナナマンのせっかくグルメ、ご覧いただきましたか^^HPのアクセス数も一日で8000を超えていました。北は北海道から南は宮古島まで、知人やお客様から連絡を頂いて嬉しかったです。ありがとうございます。 さて、山形出張4日間の様子をお伝えします。山形県在住の画家 歌房史郎さんと行動を共にして、完璧なガイドをしていただきました。 大感謝! ファイル 2149-1.jpg まず向かったところは湯殿山 神様がムンムンしております。 ファイル 2149-2.jpg 山自体が神域なために入口から撮影は禁止です。 ファイル 2149-3.jpg このお水が冷たくて甘くてまろやかで美味しかったこすと。 ファイル 2149-4.jpg 神域に立ち入るところでは靴を脱いではだしにならないと駄目で、それは神々しい場所でした。 ファイル 2149-5.jpg 月山登山 週間天気予報ではずっと雨でしたので半分あきらめておりましたが奇跡の挑戦となりました。 月山は修験者の山岳信仰の聖地で、また死者と会える場所、ご先祖様を供養できるできる最良の地として信仰されています。そして庄内平野を見渡せ絶景を楽しめることもあり登山者に大人気の名山であります。 ファイル 2149-6.jpg 途中まで車で行けますので3時間ほどで登頂できます。道中、雪渓や霧と目まぐるしく環境が変わります。 ファイル 2149-7.jpg ファイル 2149-8.jpg 頂上(1984m)の月山神社ではお参りとご先祖様の供養をしました。御祭神は月読命 ファイル 2149-9.jpg 史郎君の奥様の手作りおむすび最高でした。ありがとうございます^^

ページ移動

表紙へ戻る