ページトップ

記事一覧

73.7キロ

おはようございます。 今日も曇り空です 

ファイル 1509-1.jpg

さきほど測定しました。 トイレしてないので若干増えています。  <笑>

ファイル 1509-2.jpg

お昼休みに近所をウォーキング。 お昼なので知っている方にたくさん出くわします。

 

そのたびに、太ったなーって。。。 心折れます <笑>  

 

デリカシーのない人多いこと。。。 <笑>

 

心の叫びは常に、今に見ていろーーーーーって! <笑>

 

野球でも敵地のブーイングが一流の証になり、逆に励みになると言われるように、僕も力に変えるーーー!

 

ファイル 1509-3.jpg

倭姫宮にて天を見上げ充電!

 

ファイル 1509-4.jpg

夜は、自転車で神宮へ

 

さっ、少しウェートして仕事するぞー!

 

今日も、実りある一日になりますように・・・・

2日目

おはようございます。 今日の伊勢は曇り空。 時折、鳥がさえずり静かです^^

 

さて、神宮ラン2日目。 昨日は宴会終わりが遅く、僕が上がれるようになったのは10時頃でした。

ファイル 1508-1.jpg

神宮に着いたのは11時前です。 この時間になると道を歩いている人もほとんどいません。 

日本も物騒になってきたけれども、平和で素晴らしい国だと思います

 

夕食もとらずに、つまみ食いで済ませて、夜食も食べません。  朝食を楽しみにしながら寝ました。  <笑>

 

ファイル 1508-2.jpg

前々日が75キロからスタートで、今朝は73・6キロです。  嬉しいーー けど減りすぎじゃないか?  

 

体重計壊れてるかも? <笑>

 

昼もご飯1杯にして、夜も8時以降は食べないようにしょっと・・・   減量も楽しんでやらないとね!

 

これからウェートトレーニングやります。

 

 

今日も実りある一日となりますように・・・・

減量

ファイル 1507-1.jpg

家から伊勢神宮まで往復してきました。 

無理せずに走ったり歩いたりですが1時間で戻りました。

63キロが理想ですが67キロが普通でした。 ところが今では、75キロというレッドゾーンに入ってしまいました。

もうこの辺が限界と思い、今日から減量始めます。  目標65キロです!

 

ランニングにウエートトレーニングと食事制限をします。

仕事終わりの一杯<アルコール>も止めます。  お菓子もコーヒーも止める。

炭水化物=ご飯も控えて、8時以降の飲食基本禁止にしょー。

 

どこまで出来るか頑張りますねー^^ 

 

では、おやすみなさい ・・・・

お気に入りの本

こんばんは。  今日も無事に終わりましてよかったです。 ありがとうございます! 

ファイル 1506-1.jpg

この2冊の本は、近所にあるアイブレーンさんと言う印刷屋さんが出版されました。

彼女はこちらの本のイラストを担当されたデザイナーさんです。

倭姫命や色んな神様たちを素晴らしく描いておられます。

 

難しい題材である神話と言う世界を、馴染みやすいキャラクターなどを登場させて、物語が語られています。

日本のルーツを知る楽しみを、是非この本を読んで感じていただけたらなと願います!

 

購入方法は、アイブレーンさん本社や古川書店、または通販のアマゾンにて購入する事が出来ます。

二見

こんばんはー 

みちると、夜の営業間際に二見までドライブに出かけました。

ファイル 1505-1.jpg

海岸も埋め立てられて、素晴らしく整備されています。  以前とは別世界になりました!

海はやっぱり気持ち良いですね^^

ファイル 1505-2.jpg

久しぶりのフェラーリに、みちるはご機嫌でした。

 

では、また明日に!

風舞里

ファイル 1504-1.jpg

昨日は、県外の知人達と早朝参拝に行ってきました。

 

その中の一人に”風舞里”というニックネームの方がいます。

 

以前から素晴らしい名前だなぁ感じていたのですが、最近 益々素晴らしいなと感じてきて。。。

 

風舞里とは・・・   

生まれ育った土地、または自分が一番好きな場所において、心地よく爽やかな風が自由に舞うところ=最良の空間

 

故郷を想う。 故郷を惜しむ気持ちが思い浮かぶ。

 

 

人は色んな事情があって、生きてる人も亡くなった人も、自分が望んでる場所にいたくてもいる事が出来ない場合があります。

 

遠く帰郷を離れて、帰りたくても帰ることが出来ない寂しい思い・・・ 故郷に帰りたいと願う気持ち。

 

風舞里に、そんな思いを寄せます。

 

 

倭姫命や天照大御神さまも、きっと風舞里に帰りたい、そんな気がする今日この頃です。

 

 

伊勢は最適の場所であるのは間違いないかもしれないけれど、それは人間の都合で決められたのではなかろうか?

 

本人はどうなのか?

 

 

故郷に帰りたいのであれば、帰してあげたいと願います。   

 

 

風舞里に帰れますように・・・・ 

 

奈良へ

昨日は、二週間ぶりのお休みでした。 奈良に向かいました

ファイル 1498-1.jpg

早朝参拝にて身を清めていざ奈良へ

 

ファイル 1498-2.jpg

大和神社  日本の地神である日本大国魂大神をおまつりしています。           

また、戦艦大和の守護神としてもゆかりがあります。

 

ファイル 1498-3.jpg

狭井神社  大神神社の祭神の荒魂をおまつりしています。

拝殿の後ろには、湧き水がでており薬水と呼ばれ、この水を飲めば病気が治ると言い伝えられています。

 

ここが、今回に回った中で一番オーラがありました。 荒魂のごとく、凄い強い気であふれています。

 

是非来ていただきたいお勧めの神社です!

 

ファイル 1498-4.jpg

三輪山参拝口 

写真撮影、飲食禁止、他人に声をかける事を控えなさいなど登山ではなく、あくまで参拝のみを目的とするための厳しい規則があります。

白装束にはだしで登られる人や、参拝を繰り返しされている方など、信仰の強さ・深さを感じました。

上り下り2時間ほどですが、なかなかハードで、今もふくらはぎがパンパンで筋肉痛に苦しんでいます。 <泣>

 

ファイル 1498-5.jpg

飛鳥寺  蘇我氏の氏寺  6世紀末から7世紀初頭に造営された日本最古の寺院です。

 

ファイル 1498-6.jpg

橿原神宮   建国の始祖 神武天皇と、皇后 ひめたたらいすずひめ命がおまつりされています。

スケールの大きさに驚きました。

ファイル 1498-7.jpg

拝殿  豪華絢爛です。

ファイル 1498-8.jpg

可愛い巫女さんが笑顔で対応してくれます^^

 

ファイル 1498-9.jpg

お昼は三輪そーめん定食    有名な三輪そ-めんですが三輪山から名付けられたのですね。

 

ファイル 1498-10.jpg

聖林寺    国宝 十一面観音菩薩を拝観。

 

ファイル 1498-11.jpg

神武天皇御陵  初代天皇。

 

ファイル 1498-12.jpg

景行天皇御陵  第十二代天皇。

 

ファイル 1498-13.jpg

崇神天皇御陵  第十代天皇

 

ファイル 1498-14.jpg

大市の墓  やまとととひももひめのみこと  第七代孝霊天皇皇女

 

ファイル 1498-15.jpg

フェラーリで狭い路地も抜けました^^

ファイル 1498-16.jpg

秘密の場所!

一日参り

こんにちは。 西日が強くて暑いですねー。 クーラーを使うようになってきました。

一日参りに行ってきました。

ファイル 1494-1.jpg

5月はえんどうお粥

ファイル 1494-2.jpg

すし久さんの2階は素晴らしいロケーションです。

ファイル 1494-3.jpg

一日餅を買い求める行列です。

 

奈良へ

こんにちは。 ゴールデンウィークの始まりです。  

水曜日が定休日ですが、祝日なので開けています。  でも暇ですね・・・

 

さて、昨日も凄いハードな一日でしたよ^^

倭姫命を奈良にお連れするというお役が授かり、何処に行きたいのかと考えて行ってきました。

ファイル 1492-1.jpg

まずは神宮で早朝参拝をして、お役目成就の願いをしました。

上野さんには特別な祝詞を上げていただくこともできました。

 

昨夜はベッドに入ったものの1時間も寝れずじまい・・・

 

それから起きて、鯛の活け造りと赤飯を用意し、奈良への出発前に倭姫命のお膳も用意して一緒に食べたのでした。

鯛の刺身を食べたい思いがあったようです。

 

ナビにて距離優先でいきましたが、凄い山道で峠越えは大変でした^^  これも旅の面白みです!

ファイル 1492-2.jpg

大神神社 三輪山をご神体とするので、おおみわ神社と読みます。

こちらで神恩感謝のご祈祷をしてもらいました。

ファイル 1492-3.jpg

志貴御県にいます神社 <しきのみあがたにいます神社>  崇神天皇の皇居跡の伝承地。

ファイル 1492-4.jpg

ファイル 1492-5.jpg

檜原神社 <ひばらじんじゃ> 倭笠縫邑<やまとかさぬいむら>の地  元伊勢の始まりの場所。

ファイル 1492-6.jpg

三つ鳥居が珍しい。 こちらも三輪山の中にある盤座をご神体としているので、拝殿はないのです。

ファイル 1492-7.jpg

纏向遺跡 まきむく遺跡

ファイル 1492-8.jpg

ここに弥生時代、宮殿がありました。 すぐ隣に、伊勢神宮の建築様式と同じ柱立てが発見されたことは興味深い遺跡と話題を呼んだそうです。

ファイル 1492-9.jpg

奈良市にある、第11代 垂任天皇の古墳で、菅原伏見東陵にいきました。  倭姫命の父

ファイル 1492-10.jpg

壮大で美しいです。

ファイル 1492-11.jpg

皇后 日葉酢媛命古墳  狭木之寺間陵  倭媛命の母

 

とんぼ帰りで5時から仕事は、きつかったなぁー ^^

教授訪問

先日、歴史の事でお聞きしたい事がありまして、皇學館大学の岡田教授を訪ねました。

 

国史においては、伊勢では第一人者の存在です。 詳しいどころではありません。  凄すぎます。

面白すぎて時間があっという間に過ぎました。 

元々歴史には興味はありましたが、縄文時代の前となると学校では詳しく習えませんでした。

 

国作りのルーツとは、いわゆる神話の世界ですから100%真実とは限らない。

古事記や日本書紀に書かれていたとしても必ずしも正しい訳でもないのですね

 

あまりに大昔過ぎて、一説という注釈にならざるおえません。

 

だからこそ、歴史を解明していくと言う点で面白ろみがあるのでしょう。

 

教授が言われるには、伊勢の人が伊勢の事を知らなさ過ぎると言う事でした。 確かにそうです、僕も正しい知識がない。

また、間違った情報がたくさんあり、間違った知識を思い込んでる人が多いことにも懸念されておりました。

 

遷宮の時だけ盛り上がる伊勢であってはならない。 

 

日常が自然と遷宮時のような意識を持つ事が伊勢人の基本精神となるべきでしょう。

 

教授はお も て な しという表現は、間違いだと言われました。

 

正しくはお世話をすると言う事ですと。。。

 

おもてなしは、金儲けだと。 

 

人によって、また使う金額によって、その人の扱いが変わる。

大昔のおんしは、どのような人であれ区別することなく最上級の接待をしたと言われます。

 

時代は変わったとしても、ほんとうの伊勢人のあり方を学び、本来のふるまいの心を持たねばならない。

 

表紙へ戻る