ページトップ

記事一覧

こだわり卵 一期一会の至誠一貫堂

朝ごはんです。

ファイル 1538-1.jpg

卵かけご飯のスペシャルな食べ方!

白身だけまずよく泡だてます。 

次にご飯と混ぜて、最後に黄身を入れて軽く混ぜ合わせて出来上がり。 トロトロふわふわの極上 卵かけご飯です! 

ファイル 1538-2.jpg

オレンジ色したこの黄身が美味しさを物語っています。

こだわりにこだわって作られた、至誠一貫堂の卵を是非ともたくさんの人々に召し上がってもらいたいとお勧めします!

土砂降り

おはようございます。

大雨の音で目が覚めました。  時計を見ると4時半、行くぞーーー

 

一年、365日ほぼ毎日 5時から、雨の日も風の日もお参りされている神様のような人がいます。

 

伊勢のいや日本国の精神=心の御柱のような存在です。  

(御柱とは、みはしらと読み、伊勢神宮正殿の床下に立てられる柱のこと。  神霊が宿る柱として古来神聖視される。 

忌柱 いみはしら。      天御柱 あめのみはしら。 とも言われる。

 

神宮が身近にあり、心の御柱である方がそばにおられる。  こんなにも恵まれた環境はありません。  感謝の毎日です。

 

ファイル 1537-1.jpg

参道に川ができるほどの大雨でした。  この風景中々見れません、感激!  

また、このお天気のおかげで参拝客が一人しかいません・・・  神宮様を独り占めでき、これまた感激!

ファイル 1537-2.jpg

帰りの鳥居前にカラスの子が2匹とまっています。  

カラスはゴミをあさる悪者で、なんか綺麗じゃないし、不気味で怖い感じがしませんか?

見かけで判断したらいけないのだろうけど、どんな人なんだろ、ほんとは・・・  良い人なんかもしれませんね

ファイル 1537-3.jpg

この大きさでもまだ子供で、自分で餌は食べれないそうです。 親鳥が口移しで餌を与えています。

 

正宮で上野先生はいつも長めに唱えごとをしています。

今日はふと、何を唱えられているのですか? と尋ねました。

 

1 国・民族・宗教を越えて、世界平和をお祈りします。

2 東宮御所(天皇皇后両陛下)の安泰と繁栄をお祈りします。

3 皇太子殿下・皇太子妃殿下・秋篠宮両殿下・ひさ人殿下様以下 皇族の方々の安泰と繁栄を祈ります。

 

最後に、これまで幸せに生きることができたことへの感謝の気持ちを述べていますと答えてくださいました。

 

素晴らしいお心に、頭が地面まで下がる思いになりました。

 

収録2日目

おはようございます。 今日の伊勢はあいにくの雨です。

他県では大雨による被害も出ておりますが、伊勢は梅雨時期にしては雨量が少ないように思います。

 

さて、昨日は”物撮り”がありました。

ファイル 1536-1.jpg

プロカメラマンの照明の使い方が凄いです。 圧倒されますね

ファイル 1536-2.jpg

脱皮したえびは、殻が美しくなり艶々としています。 まさに”若返りえび” ”生まれ変わりえび”とも申しましょうか^^

ファイル 1536-3.jpg

カッコイイですね、伊勢海老!

ファイル 1536-4.jpg

お値段  24000円しますが10人くらいで食べれます。 超レアな品物ですので高くはありません。

ファイル 1536-5.jpg

一生に一度の、お伊勢さん参りと合わせて、一生に一度は”脱皮えび”お召し上がり頂きたいです^^

ファイル 1536-6.jpg

極上 海鮮丼  これだけ魚介がたくさんのってるのも珍しいと思います^^

 

ファイル 1536-7.jpg

石川県からお越しです!  笑顔素敵ですね~  元気もらえます。   感謝です!

またいつか遊びに来てくださいねー 楽しみに待っています!

テレビ収録

こんばんはー 今日はテレビ大阪の番組収録がありました。 関西圏のみの放映になります。

ファイル 1535-1.jpg

西川史子さんご来店です。 脱皮えびを食べていただきました^^ 

 

ファイル 1535-2.jpg

神奈川県からお越しです。 

伊勢海老は今 禁漁期にあたりまして、大変高価で貴重な存在なのですよ。 

ご来店どうもありがとうございました^^ 

 

ではまた明日に!

上空2万メートル

上空2万メートルは、雲の上になります。

海が地面に見えて、その上にある雲がそびえ立つ山のように見える時があります。

 

空って凄いな・・・   海も凄い・・・  太陽も・・・   月も・・・  雨や風・雷も・・・  

 

宇宙って凄いんだろうなー

ファイル 1534-1.jpg

ファイル 1534-2.jpg

ファイル 1534-3.jpg

ファイル 1534-4.jpg

ファイル 1534-5.jpg

ファイル 1534-6.jpg

ファイル 1534-7.jpg

ファイル 1534-8.jpg

ファイル 1534-9.jpg

ファイル 1534-10.jpg

帰ってきたぞーー    伊勢上空!

ファイル 1534-11.jpg

鳥羽市上空

 

そうだ、日本の大地が見えた時に思った。

 

日本って素晴らしい。  地球上で一番良いところ、絶対に・・・・

 

その中でも、ここ伊勢が一番。

 

そして、倭町が最高にいい。   

 

ここで生まれ育った僕は幸せものだ。   感謝

レポート NO2

戦後70周年と言う節目に、ここ西太平洋戦没者の碑へ、天皇皇后両陛下が慰霊に訪れました。

今回の慰霊の旅、 私は天聖大徳氏のお供として参りました。

この大徳氏は、生まれついた時から不思議な力をお持ちで、パラオ慰霊は幼少の時より想い描いていた願望だったそうです。

そして、時がきました。

天皇皇后両陛下のパラオ訪問と大徳氏の訪問は偶然ではないのです。

陛下のお力で補えないところを大徳氏が仕上げるというコンビネーションによって、多くの御霊が天に上がられます。

ファイル 1533-1.jpg

ファイル 1533-2.jpg

ファイル 1533-3.jpg

このような美しい場所で、過去に悲惨な出来事が起こったとは、やはり考える事は出来ませんでした。

ファイル 1533-4.jpg

ジャングルを進む先に、中川大佐の自決した場所があります。

大徳氏いわく、この道の両側には兵隊さんが列を成してお迎えをされていたそうです。

ファイル 1533-5.jpg

ここがぺりリュー島の最重要ポイントとなります。

ファイル 1533-6.jpg

ファイル 1533-7.jpg

お酒とお水をまいてから、皆んなで手を合わせました。

 その後に、急に小雨が降り出したのです。

御霊が喜んでお礼を言ってくれてる様に感じました。

大徳氏はこの時、目の前には中川大佐が座っておられ、次に立ち上がり、一礼されて天に上がっていかれた事を見ています。

大佐は、多くの部下が亡くなったことを悔やみ、成仏できていなかったのです。

大徳氏の供養により安心されて、天に上がります。

そして上がった人が次から次へと御霊をあげるのです。

 

今回の最大の供養は無事に行われました。

 

目に見えない不思議な世界がある、でもその不思議な世界のものでは出来ない事を、こうして選ばれし人の力によってなしとげられる。

そうすることによって、現世が良き方向へと導かれます。

ファイル 1533-8.jpg

海軍墓地

 ファイル 1533-9.jpg

道を挟んで向かえに、小泉さんの自宅アパートがあります。  

お墓のお掃除もしてくれるそうです。  有難いです。  ありがとうございます。

ファイル 1533-10.jpg

ファイル 1533-11.jpg

お菓子の国のような、パラオ国会議事堂です。  良いか悪いか・・何とも言えません {笑}

 ファイル 1533-12.jpg

グアムにある戦争博物館

ファイル 1533-13.jpg

日本の潜水艦です。  この時代に消音のためにバッテリーで動く潜水艦を開発したのは日本が初めてだったそうです。

日本人の頭脳は世界屈指だったのですね。

 

戦争はかけがえのない大切な命を奪う元であり、また地球を壊してしまう根源にほかなりません。

戦争のない地球にしないと、いつかきっと滅びます。

 

反戦を叫び、大切で美しい地球をみんなで守りましょう。

 

倭 咲鳳

パラオ・グアム戦没者慰霊の旅レポート

去る事、14日より19日まで天聖大徳氏にお誘いを受け、慰霊の旅へと行ってまいりました。

ファイル 1532-1.jpg

前日に伊勢神宮にて旅の安全と慰霊成就祈願を行いました。

ファイル 1532-2.jpg

いざ、ビジネスクラスにてグアムを経由してパラオへ

ファイル 1532-3.jpg

PPRに宿泊

ファイル 1532-4.jpg

パラオのご来光

 

2日目、早速に今回の最大の目的である、第二次世界大戦時に太平洋地域の中で最も激戦地であったと言われるぺリリュー島にて戦没者慰霊の遺跡をたどるツアーに参加した。

 

ガイドの小泉さんはいつもお線香を持参していると言う、戦績ツアー キャリア10年のエキスパートでした。

 

私達が進めているパラオに桜の樹を植えるという計画にもご理解を頂き、現地にてサポートしてくれるという、力強い協力者になってくれる事となりました。

  

日本ではあらゆる手を尽くして現地とのパイプを探したのですが、何の足がかりも出来なかったのに、ほんと奇跡的な出会いでご縁を頂きまして感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ファイル 1532-5.jpg

共同墓地内にある戦没者慰霊碑

ファイル 1532-6.jpg

皆で手を合わせました。  現地の方がお掃除をしていてくれるので凄く綺麗にされていました。  嬉しいことです。

ファイル 1532-7.jpg

 第二次世界大戦戦争博物館 当時の建物をそのまま使っています。

 

日本軍 戦死者 10695名  アメリカ軍 戦死者 1794名 戦傷者 8010名以上 

また、現地一般人民は、日本軍が戦闘前に強制退避させたために死者・負傷者共に0であった。

 

戦闘経過は次のようでありました。

ファイル 1532-8.jpg

ファイル 1532-9.jpg

ファイル 1532-10.jpg

ファイル 1532-11.jpg

 

ファイル 1532-12.jpg

海軍司令部跡

ファイル 1532-13.jpg

800キロの爆弾が落ちました。

ファイル 1532-14.jpg

ファイル 1532-15.jpg

南北滑走路

ファイル 1532-16.jpg

オレンジビーチ  ここからアメリカ軍が上陸し、壮絶な戦いが繰り広げられました。  

流血により海一面が真っ赤に染まったそうです。

ファイル 1532-17.jpg

一番高い丘。  アメリカ軍の何百隻もの軍艦に囲まれた時、どのような思いだったのか? 想像を絶します。

 

続く。。。。    倭 咲鳳

奇跡

おはようございます。 今朝も早朝参拝にご一緒しました。

 

滋賀県在住の男性で、不慮の事故にあい脊髄を損傷するという大怪我をされました。

病院で治療はしていたが、首から下が麻痺してしまい、歩く事も立つことさえも出来ない状況だったそうです。

しかし、天聖大徳氏との出会いによって奇跡は起こります。

ファイル 1531-1.jpg

体に気を入れてもらい少しずつ回復するようになり、3年後の今こうして歩くことも、また普通に生活できるようにもなったのでした。に

 

世の中にはほんとに不思議な事があるものです。

 

そして、凄い力を持った人が存在するのです。   その名は、天聖大徳!

 

 

上野先生の祝詞で御祓いをうけ、天照大御神様のお力頂き、さらに元気になられる事と思います

 

ファイル 1531-2.jpg

マイブームの猿田彦大神の御新田にもお連れしまして、より良き道がさらに開かれるように祈ります。

ファイル 1531-3.jpg

天空 てんくう

 

三代目で好きな曲です。 よかったら聴いてください! 

ttps://www.youtube.com/watch?v=Pmj7H_JrIdM

 

倭 咲鳳

至誠一貫堂 一期一会のこだわり卵

こんにちは

ファイル 1530-1.jpg

 みんな揃って早朝参拝に行ってきました。

 

その後、お店に戻って雑談していたところ、天聖大徳氏の導きにより、蔵に眠っていた屋号が日の目を見る事となりました。

 

社名は至誠一貫堂です。  そして書家 北谷氏に書いていただきました。

 ファイル 1530-2.jpg

ファイル 1530-3.jpg

上野先生の祝詞にて、お祓いを受けまして、最強屋号の誕生です。

 このような記念すべき御目出度い場に一緒に関わらせてもらい、感無量です。

 至誠一貫堂様の益々の繁栄をお祈りしております。

 

ファイル 1530-4.jpg

北谷氏をお連れして、磯部 天の岩戸へ向かいました。

ファイル 1530-5.jpg

ファイル 1530-6.jpg

天の岩戸です。  何やら青い光が僕の体に・・・ 汗

 

ファイル 1530-8.jpg

風穴入り口

ファイル 1530-9.jpg

険しい山道を歩きます。

ファイル 1530-10.jpg

穴に向かって願い事を、大声で叫びます!

ファイル 1530-11.jpg

ファイル 1530-12.jpg

神々しい朝の光が美しい

ファイル 1530-13.jpg

ファイル 1530-14.jpg

御神木が祀られています。

ファイル 1530-15.jpg

気をいっぱいもらいました^^

 

ファイル 1530-7.jpg

 みんなの心が一つになった朝でした。  ご縁に感謝申し上げます。

 

倭 咲鳳

 

猿田彦神社 パート2

おはようございます。 ぐっすりと眠れました。 

あれ? 

左肘が痛くないぞ・・・ 凄い

 

昨日、宇宙と交信できるおばちゃんに、疲れているから”オカジしてください”と頼んでしてもらいました。

 

後ろ向いて、呪い事を口ずさみながら背中をバンバンと数箇所たたきます。

次は正面向いて・・・・  すぐ左肘をもみほぐしました・・・ 辛い所言ってないのに。

おばちゃんなんでそこわかるの?って・・・・

おばちゃんは分からんよって・・・ 神さんがやってることやからって

 

凄すぎます

 

そして、朝になったら治ってた。

 

旅行から帰ってきて、なぜか?  おばちゃんに会いたい会いたいと思っていたんです。 

久しく会っていないからかなぁと思っていたのですが、こういうことだったのですね。

 

パラオでの清めと、体のケアをしてくれたのでした。   ありがとうございます^^

 

さて、昨日はお客様に、これ何か 写っていませんかって?

前回ブログ6枚目の画像です。 

少し離してみると、ドレスを着た女神様が見えます。

アルバイトの子は、お地蔵さんが、何か抱いてるように見えると・・・・

不思議ですね。 

皆さんは何が見えますか?  また感想のほどありましたら、お店に電話くださいませ^^ 

 

さて、本題の猿田彦神社。

もともと地元民は 交通安全の神様として信仰してきました。

車を買うと、御祓いしてもらうか、ステッカーを買って車にはるとか、ほぼ昔はそれが当たり前のようにされていました。

でも近年、時代が変わり、車にステッカーもはらなくなったように少なくなったように思います。

 

後は、七五三で有名です。 

 

地元民で、神ごとに興味のない人以外は、ほとんどが車と七五三の絡みだけのように思います。

 

自分もここ数十年間行った事もありませんでした。

 

 

そして今回ご縁を頂いて行ってきましたら、なんと凄い神社。

 

ファイル 1529-1.jpg

境内はこんな感じです。 カラーで見やすくよくできています。。。  感動!

ファイル 1529-2.jpg

御由緒を見ると凄いお役目をされた神様です。

ファイル 1529-3.jpg

驚くのがここから、方位の神様で、すなわち みちひらきの大神=開運の神様です。

 

境内のいたるところに八角形が点在しているではありませんか・・・ まるで宝探しか、間違い探しのよう^^

 

 

 

ファイル 1529-4.jpg

ファイル 1529-5.jpg

一番驚きました。 ここまでこだわられるのですか?   大鳥居の柱も八角形です。 

 

ありえない、日本の他の神社にもあるのでしょうか?

 

ファイル 1529-7.jpg

ファイル 1529-8.jpg

ファイル 1529-9.jpg

ファイル 1529-10.jpg

ファイル 1529-11.jpg

ファイル 1529-12.jpg

表紙へ戻る