ページトップ

記事一覧

富士登山②

富士登山の醍醐味は御来光を見ることが人気です。前日に7か8合目の山小屋に泊まり午前時過ぎから頂上を目指します登ります。 前日に山小屋に戻って仮眠したら、すぐに体調がおかしくなりました。多分、高山病の一種だと思います。頭が痛い、気持ち悪い、寒気がすると最悪です。もう明日は無理かなあと気弱になりましたが翌朝に復活して頂上をm目指しました。 ファイル 2161-1.jpg みんな頭に懐中電灯をつけています。山頂にかけて渋滞が続きますが、ゆっくりと登った方が良いのでちょうど良かった。 ファイル 2161-2.jpg ファイル 2161-3.jpg 頂上。あいにくの天候不良。雲でご来光は見れませんでした。残念 ファイル 2161-4.jpg 頂上は真冬で気温10度くらい。風が吹きガスがでて激寒です。 人だらけで混雑しています。 ファイル 2161-5.jpg 下山すると雲が切れだして、太陽が出てきました。感動の瞬間! ファイル 2161-6.jpg ファイル 2161-7.jpg ファイル 2161-8.jpg ファイル 2161-9.jpg 大変きつい体験ですが、一生に一度は日本最高峰の富士山に登った方がいいと思います。それだけ良い経験となるからです。是非とも挑戦してください^^ 富士山バンザイー

富士登山①

ファイル 2160-1.jpg これは下山した直後に撮った一枚です。ほんとにこんな山を登ってきて下りてきたのかなあと半信半疑な思いにかられました。それほど目の前の富士山は大きかった。今から登頂を目指す人とすれ違う時には、この人たちはこれからあのつらさを味わうのだなと・・・ 自分がゴールした安ど感に浸る思いもまた、なんか解放感からか凄く心地がよかった。山登りは大変です、でも頂上での達成感と下山できた時の安堵感の二つは何用にも言えない良い気持ちになります。そこが登山の魅力なんでしょうね。また山登りは人生に例えられる事が多々あります。頂点を極めたら下るしかない。仕事盛りの絶頂期、体力面の絶頂期、ルックスの絶頂期など人には色んなピークがやってきては、落ちてゆくわけです。でもそれが落ち目なのか?僕はクールダウンとして受けとめて行きたい。下りもゆっくりと楽しんで生きていく。今回そんな感情を山の神様から頂きました。今から人生の絶頂期へと向かいます。まさに7合目のような気がします。頂上が65歳かな。そこから100歳まで下山して、ゴール(死)を迎えます。自分の人生の功績がこの富士山のように見返えせるように今まで通りに頑張りたいと思う。 ファイル 2160-2.jpg 前日は登山指数が最悪のCだったので、中止だなと思っていたのですが、当日の午前2時になんとAとBになっていて登れることとなりました。 ファイル 2160-3.jpg ここからスタートです! ファイル 2160-4.jpg お月さんも綺麗に見れて快晴 ファイル 2160-5.jpg ファイル 2160-6.jpg ファイル 2160-7.jpg 7合目、8合目の山小屋が見えます ファイル 2160-8.jpg 雲海が美しい ファイル 2160-9.jpg 登頂ー 最後はやっぱり一番きつかったですね。標高差の関係で気圧が変化してそれが体に負担となります。 ファイル 2160-10.jpg 下山道では砂を滑るように下りてゆくので、砂滑りと呼ばれます。 ファイル 2160-11.jpg

ナオ帰る

11連勤もあと残すところ2日となりました。体調も良いのでこのままラストまで頑張ります! さて、NZから帰国していたナオが今朝に帰りました。寂しくなりますが来年も来られるそうなので楽しみにしておりましょう。久しぶりの来日なのにほとんどお手伝いをしてくれててみんなを助けてくれました。ほんとにありがとう。感謝、感謝です。 ファイル 2159-1.jpg 今度はシアトルからリク君が遊びに来てくれましたよ。英語が話せるようになりたいなー かっこよすぎです^^ 今日の伊勢は快晴です。 実り多き1日となりますように!

満員御礼

ファイル 2158-1.jpg 今日も無事に終わりました。 ありがとうございます^^

お礼

お祈りにご賛同いただきました皆様方ありがとうございました。 皆様の声が天に届いて計画が中止になって、自然と聖地が守られることを願います。沖縄の基地問題でもそう、町内のごみ置き場でもそう、利害関係のあるなしの違いで全く他人事になります。ただ当人になったとしたらそれはそれは大きな問題となるのです。今回のように現地でのことが地球規模の被害となる可能性においては、地球民にとって関わってくることです。 地球があって私たちがあることを常に肝に銘じて生きていかなければなりません。台風が近づいていますが被害が小難におさまりますようにおさ願います。では今日も実り多き一日となりますように・・・・

祈り

知人から連絡がありまして、ハワイ島の聖地マナウケア山に新たな天文台の建設計画があるそうです。聖地を荒らすこと、自然を壊してはいけないとの理由で中止でさせないといけないとのこと。現地でも大きな問題となってい ます。本日午後一時より中止のための世界的な祈りがあります。ご賛同いただける方は、この時間にそれぞれの場所で中止のためのお祈りをお願いしたいと思います。ご理解の程どうぞよろしくお願いいたします。 ファイル 2156-1.jpg 本格的なお盆がスタートしました。今年は多くのスタッフさんに恵まれて、万全の体制で挑めます。予約、料理、座席と色々と新しいやり方でやりますので、ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、今後将来のためのや最善の方法、体制を模索していくところでもありますので、どうかご理解くださいますように宜しくお願いします。 今日も実り多き一日となりますように…・・・

渋野日向子さん

42年ぶり日本人メジャー制覇! 凄いです。 それもメジャー初出場初優勝です。快挙中の快挙! 失礼ながら、名前すら聞いたことがなかった。ひむかさんと読みます。 最後のバーディーパットも凄いパットだった。 前半崩れて後半に攻めて攻めて攻めて巻き返しての凄い勝ち方だった。 優勝の勝因は・・・ まさに笑顔でした。笑顔凄かったです。 笑顔で観衆も魅了しました。 ニューヒロインの誕生に日本が湧くことでしょう!前半に見てて寝てしまって、途中に目が覚めてこうしてライブで優勝の瞬間を見せてもらえました。ほんとにこれも凄い。私、持ってる・・(笑) ファイル 2155-1.jpg 常若伊勢海老の御守りをリニューアルしました。 伊勢の思い出、ご来店の思い出に喜んでもらえたら嬉しいです。 ファイル 2155-2.jpg 常若の精神ってほんとに素晴らしいと思います。多くの人に知ってもらって、共感してもらえたら嬉しいです。 ファイル 2155-3.jpg 今週も多くのお客様にご来店いただき感謝です。 ありがとうございました。

常若伊勢海老デビュー

公式HPの幻の伊勢海老のページをリニューアルしました。 ご覧くださいませ!

命名 常若伊勢海老

看板を新しく作りました。 常若伊勢海老デビューとなります。脱皮伊勢海老を作り始めて早10数年がたちましたが、僕独自のブランド化を確立するために、当店で取り扱う脱皮をした伊勢海老の事を”常若伊勢海老”と名付けました。 2021年には三重とこわか国体が開催されます。 常若とは伊勢神宮のHPにも”常若の精神”として出てきますし、朔日参りという習慣もあります。また赤福さんの朔日餅。平成から令和への元号の変更など、私たちの生活の中で身近に存在しています。 常若の意味は”常に若くある様” いつも新しい気持ちであるです。 伝統(古きを重んじる日本人の心)と常若(未来に向けて心を新しく保つ)の2本柱こそ日本が栄えてきた日本人の精神であると考えます。 1300年以上続き、神宮の社を20年に一度建て替えられる式年遷宮。これこそが常若の象徴ですね。 イセエビも一年に一度以上脱皮をして成長します。不思議ですが表面だけが新しくなるのではなくて、内臓も含めて全てが新しく生まれ変わるのです。いわゆる構造的には不老不死ということになります。 そういう意味合いで常若伊勢海老と命名しました。 人はこの常若伊勢海老を食するをことで、肉体的には栄養として吸収して、魂には天地のエネルギーを受け取り元気になり、生まれ変わったような新しい気持ちにリセットをしていただければと願います。 私の人生は常若伊勢海老と共にです。 今後ともどうぞよろしくお願い致します。  ファイル 2153-1.jpg ファイル 2153-2.jpg ファイル 2153-3.jpg 多くの人で賑わっておりました。 みんな心を新たにリセットしに来るんですよね。 ファイル 2153-4.jpg すし久さんで朔日お粥! 今月は穴子のお粥でした。美味しかった^^ 今日も常若の気持で、実りある一日としましょう!

山形④

ファイル 2152-1.jpg 山寺きたー ファイル 2152-2.jpg ファイル 2152-3.jpg ファイル 2152-4.jpg 蔵王きたー ファイル 2152-5.jpg こちらの温泉は最高でした^^ ファイル 2152-6.jpg 温泉の歴史って古いのですねー ファイル 2152-7.jpg 御釜 ファイル 2152-8.jpg 刈田嶺神社 奥宮 ファイル 2152-9.jpg ファイル 2152-10.jpg 頂上は霧がなんとも神々しかったなあ
表紙へ戻る