ページトップ

記事一覧

Hey! Say! JUMP

こんばんはー 先日メンバー全員がご来店になりました。

ジャニーズの中で、嵐についでの人気(ファンクラブ数)だそうです。 凄いです!

 

脱皮海老を喜んで食べてくださり、翌日のコンサートのMCでは、海老と僕の話までしてくれたそうです。

 

ほんと好意印象の可愛い人達でした。

 

益々人気が出て活躍される事をお祈りしております。

 

 

全国から仕入れる

おはようございます^^

最近、インスタ投稿ばかりをしてる僕を見て息子から、”お父さんブログの方が大事やから、しやないかんよ”って言われました。

 

たしかに! そう! 違いありません!

 

もちろん一番大事です。

 

ここへは偶然に来る事は少ないだろうし、お店と僕に興味と目的を持ってのご訪問と理解していますから。

 

だからここに来てくださる方々は最重要!

 

 

誰が見てくれているかは分かりません。

僕の発信ばかりで一方通行状態ですが、気分的にはかなり楽です。

もう8年くらい続けてこれたのも、今のスタイルが合っているからだと思います。

 

コメントや誰が訪問してくれてるとか分かると、面倒くさいこともあるでしょうし、また良いご意見ばかりではなくて、中傷や非難、クレームとかがあるとやはり嫌になります。

 

今後もこの場所は大切にしてゆきますので、どうぞご理解いただきまして、末永く宜しくお願いいたします^^

 

さて昨日は、九州からとらふぐ白子、島根県からノドグロ、鳥羽から黒あわびを仕入れました。

今日は松阪肉も入ります。

 

地元の市場からの買い付けが中心ですが、仕入れは全国から探します。

単一商品についてそれぞれ仕入先も分けていますので、仕入れ業者さんのを数は多いです。

 

でもここが最大のポイントです。

一番良い商品を一番得意としている業者さんから仕入れる事が一番良いものを集められる。

 

お店にとって仕入れは命です。 商いの勝ち負けはこれでほぼ決まります!

 

旬の食材を追うのがスタンダードですが、僕は極端に言えば逆です。

 

無い時に、旬の時より美味しいものを出すと言うのが好き・・・ かなり変わり者ですからね^^

 

そうなるとお客さんからすると、いつ行っても何でも美味しいものがあるとなります。

 

お客さんから今の時期は何が美味しいの? と聞かれると何でもありますよと答えます。

 

年中ふぐ、脱皮伊勢海老、伊勢海老、あわび、かき、松阪肉、白子、なまこ、松葉かに、ノドグロ、キンキ、なまこに、まだまだ何でもあります。

 

こんな変わった店、日本には少ないです。

 

ファイル 1936-1.jpg

ファイル 1936-2.jpg

色んなところから用意してくださる業者さんにほんと感謝しています。

 

今日も実りある一日となりますように・・・・・

 

熊本編 

ファイル 1935-1.jpg

高千穂神社

ファイル 1935-2.jpg

本殿の横から不思議な光が?

ファイル 1935-3.jpg

荒立神社のこおろぎ宮司さんと記念に。

ファイル 1935-4.jpg

御祭神の猿田彦大神様とアメノウズメ命様。 (宮司さんの許可により撮影)

道開きの神様として有名ですが、参拝者を大きく受け入れて、開放的な神社の雰囲気に大変共感させられました。

宮司さんの良きお人柄と大きな愛情が広がってる空間に、皆が集まりそれぞれにゆったりと祈りをします。

何ともアットホームな珍しい神社でした。 素晴しかった^^

ファイル 1935-5.jpg

有名な御神水 天真名井

ファイル 1935-6.jpg

四皇子 くしふる神社にある、初代 神武天皇が生れた場所。 やはり不思議な空気、まさに聖域!

ファイル 1935-7.jpg

険しい山を登ったところに・・・・

ファイル 1935-8.jpg

安徳天皇御陵 

幼少で亡くなられた天皇様だけれど、ここ九州の真ん中で日本を支え続けて下さっている大きな神様です。 

ファイル 1935-9.jpg

二上神社近くの滝 ここでも凄い光がありました。 熊本で一番僕と合った場所でした。

ファイル 1935-10.jpg

4日間の旅の最後は、白嶽に登って天草を一望した。 

そして偶然に見つけた、不動の滝で水を浴びる。

まさに熊本の集大成であったように思う。 最高の冒険だった。

 

地震によって熊本城が崩れたり、阿蘇神宮の御門や拝殿が倒壊したりと、熊本のシンボルが自然界からの天災によって大きな洗礼を受けた現状を、ただの事故として受け止めるのではなく、神様からのメッセージ(知らせ)として考えてもらいたい。

 

見えない世界は必ずある。

 

”虫の知らせ”という古くからのたとえがあります。

誰でも良い予感、悪い予感と言うものを感じる事があると思う。

それはまさしく神様からのテレパシーです。

 

これからの時代は感覚で生きてゆく時代。 

 

宇宙全体は生まれ変わり、そのように整えられて準備ができたそうです。

 

後は人間界(世界の国と人々)が一つにまとまる時を神様は待っています。

 

 

日本で行われたサミットで主要国が宗教を超えて伊勢神宮に集まりましたが、それが 第一歩でした。

日本の精神道が世界の手本となり一つにまとめます。

 

つまり天照大御神が地球の大祖先として地球全体からあがめられ、争いの起こさない平和で、自然と共存して生きる一つの国(地球国)を日本人が先導して誕生させます。

 

日本は小さい国で資源もない、アメリカの半植民地のような立場だけれど、経済面でも国家の安定面においても天皇家を象徴として常に平和で世界をリードしてきました。 

 

これこそがまさに不思議=神様のお力によってなしえてきた業です。

 

東北や九州の震災、または豪雨などの大きな天災を引き起こして、神様は日本の結束を呼びかけています。

 

皆が気づき初める事で、神業が起こります!

 

つまり感覚の時代到来なのです^^

 

I love japan 

 

 I love the earth

伊勢産 伊勢海老入荷

こんばんは^^ 地物伊勢海老50尾入荷しました。

ファイル 1934-1.jpg

5月から10月までは産卵期になりまして資源保護のため、伊勢志摩では伊勢エビ漁が禁漁となっておりますが、特別なパイプがありまして地物の伊勢海老をまわしてもらっています。

ファイル 1934-2.jpg

40年弱前に、学生時バイトをしてくれていました。 僕のお兄ちゃんのような存在で、塾の送迎をしてもらったりと大変お世話になりました。

年月が過ぎてもこうして忘れずにお付き合いしてくださっている事に、深いご縁を感じます。

またお店を支えてくださった事に、感謝の気持ちを忘れません。

また会える日を楽しみにしています。 ありがとうございました!

祝 南平監督感謝祭

ファイル 1933-1.jpg

学童野球で息子2人を指導していただいた監督への感謝祭を行いました。

ファイル 1933-2.jpg

皆の素晴しく成長した姿に驚きと喜びでした。

ファイル 1933-3.jpg

それぞれにキャッチボールが始まり、藤原コーチのノックへと移る。

数年前のあの頃にまるでタイムスリップしたようだった^^

この光景に涙しました・・・

ファイル 1933-4.jpg

自称 野球バカという監督ですが、熱血漢のある愛深き人です。

だから監督を慕い多くの仲間が集まります。

 

お昼のバーベキューを挟んで2試合行いましたが、中々の真剣勝負で良かった。

子供達もほんと思い出に残る一日になったと思う。

こうして子供達を見る親の眼差しって愛らしいですね^^

ファイル 1933-5.jpg

ファイル 1933-6.jpg

2部は、当店で宴会です^^

長谷川代表も駆けつけてくれて、大大成功の一日でした!

 

今回、協力してくれた皆様ほんとにありがとうございました。

感謝申し上げます。

 

ありがとう!

 

幣立神宮

おはようございます^^ 4日間お休みを頂きまして、熊本県に行ってきました。 

お客様におかれましては、大変ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした。

ファイル 1932-1.jpg

別名、日の宮(天照大御神が住む宮殿)とも呼ばれる神話発祥の聖域です。

祭神のひとりに、アメノミナカヌシの神様がおまつりされています。(世界の最初に、高天原(天空)に生れた造化三神のひとりです。)

 

また、五色人面(赤・黒・黄・白・青)が神宝としてあります。

 

興味のある方は、詳しくお調べください。 地球誕生のルーツをたどる事が出来ます。

 

この8月23日に行われた五色人祭(世界の人種を5つに大別)に参列すろ事も目的の一つでした。

ファイル 1932-2.jpg

ファイル 1932-3.jpg

五色の人面 赤色人種はネイティブアメリカン・青色人種はアジア南部・白色人種はヨーロッパ・黒色人種・黄色人種 大祖先(人類の始まりはこの日本)

ファイル 1932-4.jpg

春木宮司さんと記念撮影

ファイル 1932-5.jpg

ファイル 1932-6.jpg

偶然にも知人と再会。 ありえない不思議さ・・・・

ファイル 1932-7.jpg

御神木

ファイル 1932-8.jpg

天神木の”高千穂”

ファイル 1932-9.jpg

東の御手洗

ファイル 1932-10.jpg

八大龍王

ファイル 1932-11.jpg

アメノミナカヌシの神稜

 

遠いですけど、人生において一度は行くべき場所の一つではないでしょうか^^

森野君

ファイル 1931-1.jpg

学生時にアルバイトしていた森野君が来てくれた。

大阪在住ですが、今は転勤で福岡で勤務しています。 

 

遠く離れた慣れない環境で大変だろうと話したら、黒石での経験が役立っていると言ってくれた。

 

嬉しかったなぁ。

 

ほんと真面目で、頑張ってくれて、頼りになる男でした。

 

黒石が今あるのも彼の頑張りのお陰です。

 

当時は一緒にプール行ったりカラオケいったりと家族のようだった。

 

ほんと楽しかったなぁ^^

 

これからも会う機会は少ないだろうけど、彼と黒石の絆は切れることはありません^^

 

 

いつまでも、いつも応援しています・・・・ 森野君に幸せあれ!

 

エース№1 みちる

秋季大会南勢地区決勝戦は、本日、明野高校グランドにて伊勢工業対宇治山田商業であります。

みちるは新チームになって1番。 

これまでBチームでしたが、本人の努力によって急成長して、監督に抜擢されました。

ファイル 1930-1.jpg

ファイル 1930-2.jpg

一回戦の明野戦 7-0の八回コールド勝利

ファイル 1930-3.jpg

ファイル 1930-4.jpg

ファイル 1930-5.jpg

二回戦 皇學館戦 6-1 完投勝利

 

そして今日決勝戦。

 

宇治山田商業は僕の母校です。

近頃は偏差値が高くなって、中々入りずらくなり、みちるも最終的に断念して伊勢工業に進学しました。

 

みちるには一か八かで受験してだめだったらどこか二部を探せば良いじゃないかと話しました。(私立は不合格で滑り止めがなしの状況)

そこまでしても、山商で野球をしてほしかったのです。

 

結局、本人が工業を選び、逃げた事にがっかりしたものでした。

 

人生において逃げたら駄目だと・・・

 

常にチャレンジしろと説得していたのですが・・・・

 

ファイル 1930-6.jpg

ところが、今は伊勢工業にてエースとなり仲の良いチームメイト達と楽しく野球をやれて、最高の状態です。

 

人生と言うのは、ほんと分からないものです。

 

こんな経緯がありましたから、今日の山商戦には格別な思いがあります。

 

甲子園でも凄いドラマが連日繰り広げられています。 

レベルは違えども野球を愛する者達が一生懸命にやる姿には心打たれます。

もちろん本人の素質と努力が一番だけれど、家族のサポートやチーム環境他様々な要因がたくさんあり、中々公平とも言えない中、それぞれの選手は置かれた環境の中で精一杯野球を楽しめることが一番の理想のように思います。

 

エースの責任は重大ですが、勝利にこだわlりながらも、しっかりと楽しんでおいでと送り出したい。

 

今日の晩ご飯もご馳走を作るぞ!

 

ガンバレ工業!

 

ガンバレみちる!

 

満員御礼

こんにちは^^ 今日の伊勢は曇りですが、今にも雨が降ってきそう・・・

お盆営業も、たくさんのお客様にご来店いただきました。

無事に終わってほっとしています。 ありがとうございました。

 

そして、スタッフの皆さん、出入り業者さんにも大活躍して頂き感謝を申し上げます。

大変お疲れ様でした。 ありがとう。

 

ファイル 1929-1.jpg

長男ひかるが初握りを試みました。

まだ大学2年生ですが、近頃この道に興味がでてきたようです。

当時の僕よりもかなり技術も知識も高いので、先が楽しみです^^

ファイル 1929-2.jpg

嫁の実家の注文でしたが、孫が初めて作った握りを食べられ、さぞ父さん母さんも嬉しかった事と思います。

 

僕の夢は、先代と僕と子供達の三代に渡り家業をすることでした。

そして、実現できました。

 

家族一丸となり、大きな仕事をこなした後の充実感は何事にも変えられない喜びがあります。

さらにお客様の喜びを感じられた時、より大きな達成感と喜びに溢れます。

 

仕事とお客様、家族、業者さん全てが一つになれた瞬間が、僕の中での官能の極致です。

 

ひかるが三代目として後継者となり、僕を交えて孫と三代そろって仕事が出来る夢を新たに描きました。

フェラーリ メカニカル・バイブル

こんばんは。 今日は台風直撃により、午後の営業はお休みしました。

家の植木鉢もいくつか風で倒れ破損しました。 

早く天候が回復する事を願います。

 

ファイル 1928-1.jpg

僕のフェラーリのメカニックでもあり、友人がこのたび本を出版しました。

30年近くになる整備経験の集大成として、4年間を費やし書き上げました。

 

心から、おめでとうと言いたい。  

 

尊敬します。

 

後世に残るこの本は、多くのフェラーリファンに愛される事と思います^^

表紙へ戻る